結婚生活で嫌なことがあると、そのことをずっと考えることがありますね。そしてそれは積もることにより、一緒に暮らすことができないと思うのです。そんな時、一緒にいるよりも離れた方がいいのではないかと思って弁護士に依頼してでも離婚をしたいと思うことがあります。
そんな風に離婚をしたいと考えている間が、一番辛いといいますね。その時のモヤモヤした気持ちが、なんとも言えず辛いということなのです。

 

そんな時、離婚をすることが決まるとその気持ちを開放することができます。離婚をした良かったという、そんな気持ちになることができるのです。いろいろなことがあって悩み続けてきた事を、その時に成し遂げたという気持ちになるんですね。
離婚をするまでが苦しいので、その間の自分の気持ち、こどもの気持ちをどのようにして整理をして生活をするのが大事かということを身に染みてわかったようです。それは、モヤモヤした気持ちをなんとかしたいと思うだけではなく、決心をすることが一番大事です。