離婚案件で評判の姫路の弁護士に依頼して私は大学を卒業後、特にやりたいこともなく大学時代続けていたバイトを続ける、いわゆる「フリーター」でした。日に日に大きくなる子供がいるのにも関わらず「何とかなるだろう」と定職にも着かず、且つ焦ることもしませんでした。妻に渡すお金はたかが知れてるぐらいの額でそれ以外はパチンコや競馬などのギャンブルに使っていました。子供の面倒を見たり、子供と遊びに行くことなどもしませんでした。子供を保育園に預け、妻もパートとして働きながら節約をしてくれていました。妻はそんな生活に文句一つ言いませんでした。

 

しかし、私のギャンブル依存性が度を過ぎてきて、自分の稼いだお金がなくなり、貯金を崩してまでしてギャンブルに夢中になりました。もちろん、勝つ可能性の方が極端に少ないのに「次は勝てる」「今日はチャンス」と思いながら止めることをしませんでした。そして貯金はほとんどなくなり、底をつきそうになると今度は妻の目を盗んで勝手に妻の財布からお金を取るようになりました。いわば「窃盗」です。本当に最低な人間でした。
妻は自分の財布からお金が少しずつなくなってるのに気づいていたのかもしれません。